大田区の自宅で祖父の葬儀を行いました

祖父の最後の時間を自宅で過ごせて良かった

大田区 葬儀公営斎場相談センター

95歳になる祖父が亡くなりました包括的なサポートがとても助かりました祖父の最後の時間を自宅で過ごせて良かった

香典返しをパンフレットで選んだら、すでに包まれて手提げ袋に入ったものが用意されました、料理の数や飲料も準備してもらうことができたので、遺族である自分たちは本当に何もする必要がなく助かりました。
お坊さんにお経を読んでもらいながら参列者が焼香をしてくれましたが、自宅で行ったため玄関から入って庭に面しているドアから出ることになりました。
その道筋案内もしてもらうことができ、滞りなく葬儀を終えることができました。
出棺の時にはリムジンのような霊柩車が祖父を運んで、大きな笛のような音を鳴らしてみんなで見送ることができました。
火葬をしている間に、自宅で飲食物を食べながら、参列者と一緒に祖父の思い出を語りました。
参列者からはさいきんは自宅で葬式を行うことが減っているけれど、やはり祖父にとっては住み慣れた家から家族に送り出してもらえて満足しているだろうと言ってくれました。
ずっと自宅に帰りたいと話していた祖父だったので、最後の願いを叶えてあげることができたのではないかと考えています。
そして私を含めて家族にとっても、自宅で葬儀を行うことで気持ち的少しほっとした部分がありました。
祖父の最後の時間を一緒に自宅で過ごすことができて良かったと感じました。
セレモニースタッフの進行が上手で、他のスタッフも協力してくれたので、満足のいく葬式になりました。